婦人公論 12/7

宣伝が続いてしまってごめんなさい。
今日発売の、「婦人公論」12/7号で、
辰巳渚さんと対談しています。
111123.jpg

*
拙著『片づけられない女のための こんどこそ!片づける技術』の中で、
辰巳先生の『「捨てる!」技術』について、

「こっこれは… 私のために書かれた本!!!」
一気に読んで (むむむむむ)
捨てまくりたおした(霊験あらたか)
ーーはずだった
「しばらくしたらもとどおり」「なんで???」

というくだりがあるのですが、
お目にかかってすぐ、拙著のそのページをお見せして、
「先生の本がいけないんじゃないんです! 私の部屋がいけないんです!」
とお詫び申し上げました…。
まさかお目にかかることになるとは思いませんでした。

『「捨てる!」技術』以前には、私の知る限りでは誰も、
捨ててもいいのよ!と言ってくれた人はいなかったので、
この本がとても衝撃的だったこと、気持ちが救われたことを
お伝えしてお礼を申し上げました。

『「捨てる!」技術』を読み終わった時のことをよく覚えているのですが、
効き目が凄くて、
「捨てよう! 早速この本から捨てよう! もう読み終わったから!」
…といきなりゴミ箱に投げ込みそうになったのですが、思いとどまって、
いい本だから友達にあげよう、と友人にあげたものです。

2011年11月22日 お知らせ

« »