八房香丁木の花

こちらが、八房香丁木(やつぶさこうちょうぎ)の花がたくさん咲いている時の様子です。
今年の5月10日の写真です(今頃すみません)。
香りは、なにしろ花が小さいので、
たくさん咲いているときに顔を近づけるとほんのり、という感じです。
ツツジの香りに近いかも?
110619_1.jpg
 
あとこれが、今朝の黒松の様子です。
昨年の、4月に種をまいて5月に芽を出したものです。
110619_2.jpg
 
110619_3.jpg
去年出た分の、緑色の方は、
冬の間はもっと黒に近い紫みたいな色になっていて、
どうなるんだろう…? と思っていたら、春先からだんだん緑に戻ってきました。
茶色い部分は、去年の秋にはもう枯れてました。
だからどうした、という話ではありますが。
植物と、つかずはなれずで水だけはやりながら、
生きてる…らしい、と微妙な変化を見守るのが楽しいです。
枯らさないように気をつけなければ。

2011年6月19日 日記

« »