『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経』

M-1、スリムクラブには度肝抜かれました。いやほんと世界は広いです。   優勝後の笑い飯の二人の抑えた表情にも心打たれました。 哲夫氏の平常心な様子は、さすが写経が趣味なだけあると思いました (写経のせいかどうかわかりませんが)。   話変わりますが…[続きを読む]

2010年12月27日 映画鑑賞,日記

谷口昌晃監督『時をかける少女』

昨日池袋の新文芸座で、谷口昌晃監督の『時をかける少女』を観てきました(3回目)。やっぱりよかったです。映画館から出て、周りの景色がちょっと濃く見えるような、生きてることへの愛着が増すような、これが映画だなあ、と思いました。11/30(火)までやってま…[続きを読む]

2010年11月28日 映画鑑賞

谷口昌晃監督『時をかける少女』

池袋の新文芸座で、11/27(土)~30(火)まで仲里依紗の実写版の映画『時をかける少女』をやるのでまた観に行こうと思います(3回目)。TVドラマで見るフザケた仲里依紗でなく(あれはあれで大好きですが)、凄い仲里依紗が観られます。相手役の中尾明慶も7…[続きを読む]

2010年10月31日 映画鑑賞

『七瀬ふたたび』

ブログをまめに更新しよう! と9月頭に思ったのに、今見たら、更新の間隔が1週間、2週間、3週間、と規則正しく(!)開いていっていて……どうもすみません。頑張ります。 ブログを見る方は、「RSSリーダー(http://www.g…[続きを読む]

2010年10月24日 映画鑑賞,日記

『BECK』

映画『BECK』観てきました。向井理もよかったし、桐谷健太が、凄かったです。現実味があって引き込まれました。 来年4月の、ドラマ『JINー仁ー』の続編にもまた「佐分利」役で出るかしら? とても楽しみです。

2010年10月3日 映画鑑賞

『小さな魔法のほうき』

「週刊文春」1月21日号の「人生モグラたたき!」でお尋ねした、 「小学校の図書室で借りて読んで、  どうしてももう一度読みたくてずっと探している本」は、 『小さな魔法のほうき』 メアリー・スチュアート 著 / 掛川恭子 訳 / 赤星亮衛 画 とお教え…[続きを読む]

2010年1月18日 映画鑑賞,日記

『はりまや橋』

映画「はりまや橋」観てきました。 「四国人として一応行っとこう」ぐらいの気持ちで行ったのですが(失礼!)、予想に反してとてもいい映画で大泣きしました。 舞台は主に高知、主人公は、日本で働いていて急死した黒人青年の、お父さん。息子の遺した絵を取り戻そう…[続きを読む]

2009年6月14日 映画鑑賞

『おっぱいバレー』

「おっぱいバレー」(笑)、見てきました。 それが…、意外なことに!?とてもいい映画で、泣いたり笑ったりしました。 70年代が舞台で雰囲気も良かったです。

2009年4月26日 映画鑑賞

« 前のページへ 次のページへ »
1 2 3 4 5