『STORY』2018年11月号で、拙著『思ってたウツとちがう!「新型ウツ」うちの夫の場合』(2013年・秋田書店)のことを取り上げていただきました。

今日10/1発売の『STORY』2018年11月号で、拙著『思ってたウツとちがう!「新型ウツ」うちの夫の場合』(2013年・秋田書店)について取り上げていただきました。
 
カラーで、写真とインタビューと書影と本の中面を少し載せていただいてます。インタビューには後日談も少しあります。
 
「私が好きになった人とは別人格に!?
 夫がうつ!
 そのとき妻は……」
という7ページの特集で、
うちを入れて4件の実例と、ご専門の先生のアドバイスが載っています。
 
ご関心のある方はぜひお読みくださいませ。
 
 
余談ですが……
今年の2月に自著の電子化に踏み切ったのをきっかけに、
秋田書店さんに私からぜひにとお願いしてこの本の電子版も作成・販売を始めて頂いたのですが、
『STORY』の編集者の方がこの電子版をお読みになって、取材のご連絡をくださいました。
 
拙著『思ってたウツとちがう!「新型ウツ」うちの夫の場合』は
紙版、電子版ともに秋田書店さんから発売中です。
うちの体験と、本を芋づる式に手当たり次第60冊ぐらい読んで私なりに捉えたことのまとめも載っています(コメント付きの参考文献リスト入り)。
患者さんご本人にはヘビーすぎるというお声も頂いているのですが……、ご家族の方にはお読み頂けると思います。
(かなり賛否両論なので…これまでに頂いているレビューをご参考になさってください)
どうぞよろしくお願いいたします。

dav


2018年10月1日 お知らせ

«