船の切手、船の物語の絵の切手

船の切手を何種類かお見せします。

ソビエト社会主義共和国連邦、1977年発行。
P1020797
モノクロとカラーの組み合わせが素敵。手前が氷山で背景がオーロラでしょうか、見るからに寒そうです。
昨年秋に切手展に行った時に気づいたのですが、旧ソ連の切手は紙質も良く印刷も綺麗なものが多いような気がします。
 
こちらはアメリカ。
1947年発行。このような古いシンプルな切手も好きです。
P1020796
1797年に進水した、アメリカ海軍の船の切手。
船について、詳しくはこちら↓(ウィキペディア)
<コンスティチューション (帆走フリゲート)>
 
次は、イスラエルの切手。
どの切手にも同じ?船が出てくるところを見ると「ある船がいろんな目にあう物語」を描いたシリーズっぽいです。よく見ると、ゾウやライオンや亀などの動物がいるので、ノアの方舟だと思います。毎度えらい曖昧な説明ですみません。カラーバリエーションが楽しい。

多分こうかな? という順番に並べてみました。

 
↓造っているところ
P1020802
上の方に茶色1色で描かれた部分が、作業している人達への「洪水が来るので船を造ります」という説明ではないかと思います。
 
↓つがいの動物が乗り込んでいるところ
P1020803
 
↓雲行きが怪しくなってきたところ?
P1020801
 
↓嵐(> <)! 矢印のような雷?が可愛い。波の表現も素敵! P1020799
 
↓無事嵐が去って虹が!(*゚▽゚*)
P1020800
って感じですよね多分。
この小さなスペースに、セットらしい統一感のあるタッチで、こんなにも変化に富んだ表現で物語を描けるものなのか…凄いな面白いなと心底思います。
 
もう1枚、ちょっと大振りの切手(横39mm 縦56.5mm)を。おそらくイエメンの切手です。
<参考(ネットショップebay)>
 
文字情報から、1972年のミュンヘンオリンピックの切手だと思います。「KIEL OLYMPIC CITY 1972」の「KIEL」はドイツの北側にある海に面した都市で、水上スキーとセイリングがここで行われたようです。
<参考:1972年夏季オリンピック(ウィキペディア)>

 
バン! と張った帆が気持ちいい。
P1020798


2014年8月21日 切手集め

« »